ウエディングドレスに合った小物選びのポイント

小物選び、実は式場選びから関係してくる

ウェディングドレスはどんなタイプのものが着たいのか、ある程度絞ってから式場を選んでいく事を意識していると、ドレスまたは小物選びにおいて発生してくる持ち込み料を回避する事ができます。
式場選びは様々な要素を総括して決めるものですが、ウェディングドレスやその小物を選ぶ事に重点を置くならば式場でどの様なドレスが用意でき、外部から持ち込みをするのならばどれだけの費用を要するのかを事前に把握して置く事が大切です。
教会式のみ対応であれば、当然肌の露出は避ける事が重要視されたウェディングドレスや小物が必要になってくるのです。
結婚式は基本的に新婦は初めての経験であるので、口コミや周囲の体験談を鵜呑みしない程度になるべく多くの情報量を頭に入れて置くと良いでしょう。

最終決定直前は心が揺れます

ドレスが決まり、それに合わせて小物を決めていく訳ですが、最終決定が近づくと気持ちが揺れ動く事もあります。
例えば、手袋は一般的なサテン生地で無地タイプのもので決めていたつもりが直前期になり、スタッフさんから刺繍がリボンが入ったものを提案され、迷ってしまう事もあります。
ティアラも某有名メーカーのものを提示され、それがとても良いものと思ってしまうのです。
リングピローやベール、ブーケと様々な小物とのバランスがありますので1点に絞る選び方をしないのも1つの手と言えます。
そして、オプションとして数万円上乗せという形になる場合がありますので、小物であってもある程度の余裕を持った予算で選んでいくのも良いでしょう。

福岡のブライダルフェアでは、実際の結婚式で提供される料理を試食することができるフェアもあることから大変人気があります。

最新記事