何が違う?ウエディングドレスの種類と形

オーソドックスな定番ライン

ウェディングドレスにはいろいろな種類があります。ここではドレスの形ごとの特徴を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
Aラインはアルファベットの「A」のような形をしたシルエット。ウエスト位置が高く、裾にかけて徐々に広がっていくデザインです。比較的体型を選ばないため誰でも着ることができ、エレガントな印象があるので非常に人気の高い形です。デザインも様々なものがあります。
上半身はタイトに、スカート部分はふんわりとボリュームを持たせたものをプリンセスラインといいます。こちらもどんな体型でも着られる形となっています。ふわふわとしたスカート部分は女性の憧れ、ドレスと言えばこの形をイメージする人も多く、選ぶ人が多い形です。

体型に合わせて選びたい形

ウェディングドレスとしては珍しく、胸下に切り替えになっているドレスをエンパイアラインといいます。古代ギリシャの女神がモデルになっている形で大人っぽく、年齢を問わず着ることができます。足長に見えるので身長が低い人におすすめ。またウエストを締め付けないため、マタニティウェディングにも向いています。
メリハリを出したい人にはマーメイドラインがおすすめです。上半身から腰までは体にぴったりフィット、腰から裾にかけては人魚の尾びれのように広がっています。女性らしい曲線美を見せることができるため、大人っぽい印象を出すことができます。
花嫁のウェディングドレスは式の目玉です。ぜひ自分に合った一着を選んでください。

ブライダルフェアを福岡で開催している式場は大変多く、式場ごとに趣向を凝らした内容となっているため、挙式を検討している場合には大変役立ちます。

最新記事